友達を作るためにFacebookに登録しておきましょう

f:id:chiphirose:20170401030707p:plain

語学留学をする際に大切になるのが、留学先での友達です。

語学学校に通っていると、様々な国から来ている学生とクラスメートとして一緒に英語の勉強をするのでたくさんの友達ができます。

日本人の多くはLINEを使ってコミュニケーションを取っていますが、LINEは日本で主に使われているものなので、外国人の友達はアカウントを持っていないことが多いです。

そんなLINEを持っていない外国人の友達と連絡を取る手段は主にFacebookです。

語学留学をするつもりならば、留学前にFacebookのアカウント登録をしておきましょう。

Facebookとは?

f:id:chiphirose:20170401032330p:plain

Facebookとは、世界中で10億人以上の登録者を抱えている巨大SNSで、多くの人が日々の出来事などを投稿しているサービスです。

Facebookでは本名で登録するのが基本なので、昔の友人などを簡単に見つけることができ、旧友との交流を深めることもできます。

また実名での登録のため、Twitterのように匿名性があまりなく、現実での交流をインターネットに持ち込んだような設計になっています。

Facebookの主な機能

Facebookの主な機能は以下の3つです。

  • 写真・文章を投稿する
  • 友達の写真・文章に反応する
  • 友達とメッセージのやり取りをする

これらの機能をしっかりと使いこなすことで、留学先でできた友達ともFacebookを介して交流をすることができます。

特に留学を終えて帰国した後も、友達とFacebookで交流できるのがFacebookの大きな利点です。

写真・文章を投稿する

写真や文章を友達に投稿することができます。

写真や文章を投稿することで、友達のタイムラインにそれが表示されます。

友達も同様に様々な内容を書いているので、それらについても見ることができます。

最初の投稿

f:id:chiphirose:20170401040444p:plain

このように写真と文章を同時に投稿することができます。

この写真はトロントのナイアガラの滝で撮った写真です。

慣れない英語を使ったせいで、"We are good friend"という初歩的なミスをしてしまいました。

友達の写真・文章に反応する

f:id:chiphirose:20170401041053p:plain

友達の投稿した記事に「いいね!」したり、コメントしたりすることができます。

友達の投稿に反応することで、友達との仲を深めることができます。

また写真や文章に対して、自分のコメントを書いたりすることもでき、まるで友達と一緒に話しているかのようなやり取りをすることができます。

f:id:chiphirose:20170401041723p:plain

先ほどの投稿に対しても、友達から「いいね!」されたり、コメントをもらったりすることができます。

自分の投稿にコメントが来たら、できる限り返事をした方が交流が深まっていいかもしれません。

このようにシェアしたものについて、友達といろいろなやり取りができるのがFacebookの大きな利点です。

友達とメッセージのやり取りをする

友達とメッセージのやり取りができるのも大きな利点です。

先ほどのやり取りでは自分の友達全てに見られてしまいますが、特定の友達とメッセージのやり取りをしたり、グループを作ってその中でコミュニケーションをとることもできます。

f:id:chiphirose:20170401042621p:plain

このように飲み会の誘いだったり、プライベートで話したいことをFacebookでやり取りすることができます。

一昔前でしたら、メールアドレスを聞いてやり取りしていましたが、今ではFacebookのアカウントを聞いてやり取りすることの方が多いです。

このように連絡先も合わせて知ることができます。

Facebookの登録方法

Facebookの登録方法はとても簡単です。

下のリンクへ行って、必要な情報を入力するだけです。

まずは自分のアカウントを作り、自分だとわかる情報を載せていきましょう。

その後はどんどん友達を作り、交流していく中で基本的な操作を覚えていきましょう。

www.facebook.com

最後に

留学先で友達を作るときにはFacebookは必須です。

クラスで友達ができたら、まずはFacebook、というぐらい今では日常に入り込んでいるSNSなので、語学留学をする前に絶対に登録しておきましょう。

今でも語学留学のときの仲間の近況が知れるのはやっぱり嬉しいものです。