読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学留学はどれくらいの期間にすればいいの?効果を上げるための留学期間

f:id:chiphirose:20170407005308p:plain

語学留学は長ければ長いほど、英語力が上がっていいように感じますが、留学期間が伸びるとその分留学費用がかかってしまいます。

効果的な語学留学をするためには、留学費用と時間をできるだけ抑えて、英語力を上げる留学期間を設定する必要があります。

では、語学留学でどれくらいの期間が一番効果的なのでしょうか?

留学期間は1ヶ月から3ヶ月が最適

語学留学をするなら1ヶ月から3ヶ月で行うのが一番です。これくらいの期間で行うと、新しい環境に慣れ、適度に緊張感を保つことができます。

1ヶ月から3ヶ月の留学でしたら、大学の長期休暇でも十分行くことができるので、卒業時期を遅らせることもなく留学することができます。

英語力を効果的に伸ばしていきたいならば、1ヶ月から3ヶ月くらいの語学留学をすることをオススメします。

語学留学の意味とは?

f:id:chiphirose:20170407013206p:plain

語学留学の意味とはなんでしょう。

「英語力を上げる」「海外で色々な体験をする」など、様々な答えが返ってくるかと思いますが、僕は「英語を話すきっかけを作る」ことだと考えています。

毎年4月になると、「英語を勉強しよう!」と意気込むけれども、1週間後にはテキストを全く開かなくなった、という経験がある人も多いでしょう。

英語を続けることができない理由は、おそらく英語を話すきっかけがないからだと思います。

日本にいて英語を使う機会はほとんどなく、英語が大切なのはわかっているけれども、ついつい後回しにしてしまうから続けることができないのだと思います。

そんな人は語学留学で英語を話すきっかけを作り、英語を話すモチベーションを上げていきましょう。

1ヶ月から3ヶ月がオススメな理由

f:id:chiphirose:20170407013925p:plain

 語学留学には「刺激」と「慣れ」があります。

英語力を上げるためにはどちらも大切な要素ですが、どちら一方が強すぎると英語力があまり伸びなくなってしまいます。

この「刺激」と「慣れ」が両立するのが、1ヶ月から3ヶ月くらいだと思います。

それ以上長くなると慣れて過ぎてしまいますし、短いと慣れる前に帰国することになってしまいます。

英語力を上げる期間はやはり3ヶ月くらいが一番だと思います。

留学期間には3段階の英語成長期がある

留学期間には大きく三段階の成長期間があります。

  • 準備期
  • 成長期
  • 停滞期

これらをしっかりと理解した上で、留学期間を設定すると語学留学がより良いものになります。

準備期

f:id:chiphirose:20170408171555p:plain

準備期は新しい環境に慣れたり、簡単な英語の基礎を築くための期間です。

新しい環境で自分の生活を慣らしていくために絶対に必要な期間で、この期間は毎日が大変なので英語に集中して勉強することができません。

時差ボケや外国でのルールなどに適応していく必要があり、とても大変な時期です。

生活環境を整えるのに1週間程度はかかります。その間は慣れない環境でストレスがかかることも多いので、あまり勉強できないと考えたほうがいいでしょう。

またこの時期はすべてのことが新鮮で、旅行や友達など様々な誘惑があるため、そちらを優先してしまいなかなか勉強に時間も避けません。

もちろん勉強だけでなく、留学を楽しむことも大切なので、旅行なども積極的にして欲しいのですが、しっかりとバランスを考えてください。

 成長期

f:id:chiphirose:20170408171911p:plain

成長期は新しい環境に慣れて来て、英語に集中することができるようになった時期のことです。

生活にも慣れてきたため、ストレスなどもあまり感じることなく、勉強時間をしっかりと確保できます。

また準備期ほどではないものの、毎日に刺激があり、高いモチベーションを保てている状態です。

この時期が英語力が一番伸びますし、英語に触れる時間が長い語学留学の利点を最大限に活かせる時期です。

こちらの時期は留学してから2週間後から2ヶ月後ほどまで続きます。この間にどれくらい英語を伸ばすことができるかで語学留学の効果が決まるでしょう。

停滞期

f:id:chiphirose:20170408172228p:plain

成長期を終えると、「慣れ」による停滞期が始まります。

初めは新しい環境だったけれども、徐々にそれも日常となっていき、同じ仲間、同じクラスを受け続けていくだけの生活になってしまいます。

同じ仲間で話していると、お互いのことがなんとなく理解できてしまうので、英語力がなくてもなんとなく意思の疎通ができてしまいます。

そのような生活を続けていると、英語を学ぼう、というモチベーションを保つことができず、なんとなく英語の勉強を続けていくような生活になってしまいます。

僕が短期で留学した際にも、長期滞在している人がたくさんいましたが、多くの人がなんとなくの英会話を続けていました。

また長期滞在していると、長期滞在者同士のグループもできてしまい、刺激を受ける機会が圧倒的に減ります。

僕の知り合いでも長期滞在で英語を喋れるようになった人は稀で、多くの理由が「ただ海外にいるだけ」だからです。

3ヶ月滞在が一番

以上のことを踏まえると、3ヶ月くらいの滞在が一番「刺激」と「安定」のバランスが取れていて効果的に語学留学をすることができます。

期間をしっかりと区切って、目的意識を高く持って勉強することが大切です。

特に「海外に住んでいれば自然と英語力が身につく」と考えている人が多いかもしれませんが、ある一定以上に英語力は意識して行わないと決して身につきません。

コミュニケーションを楽しむと同時に、文法や簡単な表現などを意識的に学ぶようにしましょう。

【アフィリエイト記事】旅行先でホテルを使うなら、この二つのサイトを利用しよう!

f:id:chiphirose:20170331223117p:plain

語学留学期間中、週末を利用して様々なところに旅行することがあると思います。

せっかく海外に留学しているので英語の勉強も大切ですが、週末は外に遊びに出て楽しむのもいいかもしれません。

ちなみに僕は週末どう過ごしていたのかというと、一日中教科書を音読して過ごしていました。

留学先での週末をどう過ごすかは自由ですが、たまには遠くまで遊びに行くのもいいかもしれません。

トロントの場合、ニューヨークまで遊びに行ったり、ケベックに行ったりするのもいいかもしれません。

旅行に欠かせないのは、ホテル予約

旅行をする際に大切になるのが、ホテル選びです。

有名な都市にはたくさんのホテルがあり、どのホテルを選んでいいのか迷う人も多いでしょう。

ホテル選びだけで何時間も使ってしまったりすることも多く、どのホテルにしたらいいのかずっと悩んでしまうかもしれません。

しかし今回オススメするホテルサイトを使えば、条件にあった旅行先のホテルを簡単に見つけることができます。

僕もスイス(現在の留学先)から旅行に行くときは、今回紹介する二つのサイトのどちらからホテルを検索して利用しています。

ホテル選びに迷ったら、ぜひこちらのホテルサイトを使いましょう。

ホテル予約するならこちらのサイト

ホテル予約する際に便利なサイトは以下の二つです。

  • Booking.com
  • Hotels.com

そのほかにも様々なホテル予約サイトがありますが、それ以上探しても値段がそれほど変わらない上に時間を浪費するだけなので、この二つの安い方を利用しましょう。

この二つのサイトは使い方がとてもわかりやすく、多くのホテルが載っているので、ホテルを探すには便利なサイトになっています。

Booking.com

f:id:chiphirose:20170403191605p:plain

 Booking.comは世界最大の宿泊予約サイトで、各都市にあるたくさんのホテルの値段を掲載しています。

都市・チェックイン・チェックアウトを入力するだけで、条件にあった全てのホテルを表示してくれます。

またホテルのランク別・値段別など、自分の条件によってホテルの並び替えが簡単にできるため探しているホテルを簡単に見つけることができます。

簡単にホテル探し・予約を済ませたいなら、Booking.comがオススメです。

Hotels.com

f:id:chiphirose:20170403192534p:plainHotels.comもBooking.com同様、大きな宿泊予約サイトです。

Hotels.comの大きな特徴は、直前までキャンセル料が発生しないという点と10回宿泊すると1回分の宿泊料金が無料になるというシステムです。

そのため繰り返し使っていると、booking.comよりもお得になることもありますので、積極的にこちらのサイトを使うことをオススメします。

二つのホテルサイトを比べる

ホテル探しを始めるとキリがないですが、二つのサイトに絞ってホテル探しをすればそれほど時間はかかりません。

一つのサイトで見つけたホテルについて、もう一方のサイトで値段を確認し、安い値段で提供しているものを選ぶと効率が良いでしょう。

こちらの二つのサイトは検索機能が優れていて、簡単にホテルを見つけることができ、手続きも簡単ですのでオススメです。

ぜひ語学留学先で旅行するときに使ってみてください。

初めて語学留学する人にオススメしたい英会話テキスト【初心者向け】

f:id:chiphirose:20170402180745p:plain

「明日から英語の勉強を始めよう!」

そう考えていませんか?

今、ドキッとしたあなたは要注意です。勉強を先延ばしにしていると、いつまでたっても始めることができません。

英語の勉強を今日からしっかりと始めてみましょう。

語学留学は準備で質が変わる

同様に語学留学を決意したものの、英語の勉強は「留学先へ行ってから勉強すればいいや」と考えている人も多いでしょう。

しかし、語学留学で英語をどれくらい身につけて帰ってくるかは語学留学前の準備によって大きく変わります。

語学留学するまで英語を先延ばしするのではなく、今日から語学留学に向けての準備を行なっていきましょう。

語学留学をする前に簡単な英会話を学ぶのに適しているテキストを3冊紹介していきます。

語学留学までの期間、何から手をつけたらいいのかわからない人はこちらのテキストから行いましょう。

 オススメのテキスト

今回紹介するテキストは初心者向けの基本的な会話のテキストです。

僕と同様、語学留学するまで一回も英語を話したことがない人向けのテキストなので、本を読んでみるととても簡単に感じるかもしれません。

しかし、実際に音読してみたり、日常会話にフレーズを入れようとするのは難しく感じるはずです。

日本の読解に力をいれた英語教育では、リーディング力とスピーキング力に大きな力の差が出てしまうので、簡単だと感じてもこれらのテキストからしっかりとやっていくことをオススメします。

リピートで鍛える英語の耳と口 中・上級編
リピートで鍛える英語の耳と口 中・上級編 (英語トレーニング・シリーズ)

リピートで鍛える英語の耳と口 中・上級編 (英語トレーニング・シリーズ)

 

こちらのテキストは実際に僕がカナダに行く前に使っていた本です。

音声が1回目はポーズなし、2回目はポーズあり、と2回流れるのが特徴で、繰り返し練習できるのが特徴です。

僕はこちらのテキストを以下のように勉強していました。

 

1回目:本を見ながらポーズの間に真似るように発音する

2回目:ポーズなしで本を見ながら真似をする

3回目:本を見ないでポーズなしで真似をする

4回目:本を見ないでポーズの間に真似をする

 

このように勉強方法を変えることで、難易度を変えることができ、少しずつ負荷を上げることができました。

始めはほとんど英語を真似ることができなかったり、音声スピードについて行くことができませんでした。

しかし、繰り返し練習していくことで徐々に慣れてきて英語がすらすら話せるようになりました。

テキストの内容もとても面白いので、飽きることなく練習することができるのでオススメです。

各章についている発音のワンポイントアドバイスも合わせて読んでおきましょう。

 英会話なるほどフレーズ100
CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 

こちらのテキストはカナダに留学したときに、一緒に住んでいた日本人の男の子に貸してもらったテキストです。

こちらは日常で使える表現を100個載せている本で、留学前に暗記しておくと留学してから使える英語の幅が広がります。

僕はカナダで借りたので、ここに載っている表現を常に意識しながら語学学校に通っていました。

もちろんこの本に載っている表現を覚えることも大切ですが、その中の表現を実際の会話で使うことがとても大切です。

そのためこちらのテキストは、留学先にも持っていき、定期的に見直すことをオススメします。

フレーズを使った簡単な例文も載っているので、印象に残りやすくオススメです。

 英会話きちんとフレーズ100
CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 

こちらも先ほどと同じテキストです。日本語での感覚を英語に置き換えてくれているので、日本人にとってはとても使いやすいテキストです。

正しい英語を身につけるためには必要となるテキストで、上の「なるほどフレーズ100」と一緒に留学先へ持っていくことをオススメします。

最後に 

こちらで紹介した3冊は英会話を始めるためにオススメの3冊です。

語学留学は留学先へ行く前にどれほど勉強しているのか、によっても大きく質が変わるので、留学前からしっかりと勉強しておくと良いでしょう。

特にこの3冊は日常会話でよく使う簡単な表現が多数紹介されているため、これらをしっかりと勉強して頭に残しておくだけでも簡単な会話はすぐに出来るようになります。

今日から語学留学に向けて勉強を始めていきましょう。

友達を作るためにFacebookに登録しておきましょう

f:id:chiphirose:20170401030707p:plain

語学留学をする際に大切になるのが、留学先での友達です。

語学学校に通っていると、様々な国から来ている学生とクラスメートとして一緒に英語の勉強をするのでたくさんの友達ができます。

日本人の多くはLINEを使ってコミュニケーションを取っていますが、LINEは日本で主に使われているものなので、外国人の友達はアカウントを持っていないことが多いです。

そんなLINEを持っていない外国人の友達と連絡を取る手段は主にFacebookです。

語学留学をするつもりならば、留学前にFacebookのアカウント登録をしておきましょう。

Facebookとは?

f:id:chiphirose:20170401032330p:plain

Facebookとは、世界中で10億人以上の登録者を抱えている巨大SNSで、多くの人が日々の出来事などを投稿しているサービスです。

Facebookでは本名で登録するのが基本なので、昔の友人などを簡単に見つけることができ、旧友との交流を深めることもできます。

また実名での登録のため、Twitterのように匿名性があまりなく、現実での交流をインターネットに持ち込んだような設計になっています。

Facebookの主な機能

Facebookの主な機能は以下の3つです。

  • 写真・文章を投稿する
  • 友達の写真・文章に反応する
  • 友達とメッセージのやり取りをする

これらの機能をしっかりと使いこなすことで、留学先でできた友達ともFacebookを介して交流をすることができます。

特に留学を終えて帰国した後も、友達とFacebookで交流できるのがFacebookの大きな利点です。

写真・文章を投稿する

写真や文章を友達に投稿することができます。

写真や文章を投稿することで、友達のタイムラインにそれが表示されます。

友達も同様に様々な内容を書いているので、それらについても見ることができます。

最初の投稿

f:id:chiphirose:20170401040444p:plain

このように写真と文章を同時に投稿することができます。

この写真はトロントのナイアガラの滝で撮った写真です。

慣れない英語を使ったせいで、"We are good friend"という初歩的なミスをしてしまいました。

友達の写真・文章に反応する

f:id:chiphirose:20170401041053p:plain

友達の投稿した記事に「いいね!」したり、コメントしたりすることができます。

友達の投稿に反応することで、友達との仲を深めることができます。

また写真や文章に対して、自分のコメントを書いたりすることもでき、まるで友達と一緒に話しているかのようなやり取りをすることができます。

f:id:chiphirose:20170401041723p:plain

先ほどの投稿に対しても、友達から「いいね!」されたり、コメントをもらったりすることができます。

自分の投稿にコメントが来たら、できる限り返事をした方が交流が深まっていいかもしれません。

このようにシェアしたものについて、友達といろいろなやり取りができるのがFacebookの大きな利点です。

友達とメッセージのやり取りをする

友達とメッセージのやり取りができるのも大きな利点です。

先ほどのやり取りでは自分の友達全てに見られてしまいますが、特定の友達とメッセージのやり取りをしたり、グループを作ってその中でコミュニケーションをとることもできます。

f:id:chiphirose:20170401042621p:plain

このように飲み会の誘いだったり、プライベートで話したいことをFacebookでやり取りすることができます。

一昔前でしたら、メールアドレスを聞いてやり取りしていましたが、今ではFacebookのアカウントを聞いてやり取りすることの方が多いです。

このように連絡先も合わせて知ることができます。

Facebookの登録方法

Facebookの登録方法はとても簡単です。

下のリンクへ行って、必要な情報を入力するだけです。

まずは自分のアカウントを作り、自分だとわかる情報を載せていきましょう。

その後はどんどん友達を作り、交流していく中で基本的な操作を覚えていきましょう。

www.facebook.com

最後に

留学先で友達を作るときにはFacebookは必須です。

クラスで友達ができたら、まずはFacebook、というぐらい今では日常に入り込んでいるSNSなので、語学留学をする前に絶対に登録しておきましょう。

今でも語学留学のときの仲間の近況が知れるのはやっぱり嬉しいものです。

僕がどうしてトロントに語学留学することに決めたのか?留学先国決定法

f:id:chiphirose:20170331061701p:plain

語学留学をしようと思ったときに悩むのが「留学先」です。

英語を勉強するための語学留学で人気の留学先は「アメリカ」「カナダ」「イギリス」「オーストラリア」「フィリピン」の5つです。

どの国にもそれぞれの特徴があるため、どの国に留学したらいいのか迷うことも多いでしょう。

僕はこれらの国の中から、「カナダ」の「トロント」を選択した理由について詳しく説明していきます。

カナダを選んだ理由とは?

多くの留学先国の中からカナダを選んだ理由は主に二つです。

  • 英語の訛り
  • 治安

僕はこの二つの条件を考慮して考えたときに、カナダに留学することに決めました。

以下でこれらの理由について詳しく見ていきます。

英語の訛り

f:id:chiphirose:20170331063449p:plain

日本の英語教育で最もよく使われているのは、アメリカ英語です。

ほとんどの英語教材の音源はアメリカ英語で話されているため、日本人にとって一番親しみがある英語はアメリカ英語です。

イギリス英語やオーストラリア英語はアメリカ英語とは少し異なっているため、日本人にとっては少し聞き取りづらい言語になっていると聞きました。

そのためまずは慣れているアメリカ英語を習得するために、アメリカ英語が話されているアメリカかカナダに留学しようと決めました。(厳密に言うと、カナダ英語というものもある)

イギリス英語

話は少し変わりますが、イギリスに留学するとイギリス英語に触れることになり、聞き慣れている英語とは異なる英語を聞き取らなくてはいけないため大変です。

canを「キャン」ではなく、「カン」と読んだり、madeを「マイド」と読んだり、アメリカ英語と異なる点が多々あるので注意が必要です。

イギリス英語について詳しく知りたいなら、こちらの動画は面白いので是非見てみてください。


イギリス英語vsアメリカ英語!字幕付き!// British English vs American English!〔#425〕

治安

f:id:chiphirose:20170331064514p:plain

海外に行ったことのない僕にとって、アメリカのイメージは路地に入ったらすぐに銃を突きつけられる「銃社会」でした。

多くの人が銃を持っている国アメリカでは、僕の拙い英語力では何かあったときにすぐに射殺されてしまうに違いない!と、本気で信じていたので、アメリカに留学するのは怖くて諦めました。

アメリカに比べると治安のいい印象のあるカナダを留学先として選べば、安全に留学生活を終えることができると思い、カナダに留学することに決定しました。

カナダに留学してみると、カナダはとても治安が良く、生活しやすい環境だったので、銃が怖い方にとってはカナダはかなり安心できる国だと思います。

トロントに決めた理由

留学先をカナダに決めた場合、留学する主な都市はバンクーバートロントの2択になると思います。

どちらも大きな都市で、様々な観光名所と語学学校があり、充実した語学留学生活を送ることができます。

カナダに留学することを決めたのは早かったのですが、この都市選びは少し悩みました。

色々な人に相談してみた結果、トロントにすることにしました。

トロントに決めた理由は主に以下の2つです。

  • 日本人が少ない
  • ニューヨークに近い

日本人が少ない

f:id:chiphirose:20170331070919p:plain

せっかく外国へ行っても日本人ばかりと一緒にいたら、英語は全く上達しません。

少しでも英語を話す機会を作るために、日本人があまりいないと言われているトロントへ行くことにしました。

日本語が使えないのは辛いですが、英語の勉強をするために来ている以上、日本人ばかりに囲まれている場所よりも、外国人の多い年で勉強しようと考えました。

しかし留学してみると、トロントも日本人だらけで、トロントバンクーバーなどの主要都市には多くの日本人がいるようです。

実際、語学学校でも15%くらいは日本人で、日本人同士で仲良くしている人も大勢いました。

日本人の少ない都市を選ぶのは難しいので、日本人の数はあまり気にしなくてもいいと思います。

大切なのは日本人がいても外国人の友達を作るという心構えで、それさえあればどの年でも十分英語を勉強することができます。

ニューヨークに近い

f:id:chiphirose:20170331072125p:plain

 またトロントはニューヨークの近くにあるので、週末を利用してニューヨークへ行くこともできます。

海外といえばやっぱりニューヨーク!世界の中心はニューヨークといっても過言ではないでしょう。

そんな中心地のニューヨークに気軽に行けるのもトロントの魅力でした。

語学学校ではニューヨークまでのツアーを用意しているところもあるので、語学留学のついでにニューヨーク観光をすることができます。

ニューヨークはとても刺激的な街で、様々なものを見ることができてとても楽しかったです。

ぜひ一度は行って欲しい都市の一つです。

最後に

今回は、僕がどのように留学先をトロントに決めたのかについて詳しく説明していきました。

カナダにした理由
  • 英語の訛り
  • 治安
トロントにした理由
  • 日本人が少ない
  • ニューヨークに近い

何を重視するのかによって、自分にとって最適な留学先がどこなのかを決めることができます。

留学先は一概に「ここがいい」ということは言えないので、僕の留学先の決定方法も参考程度にしてください。

自己紹介

f:id:chiphirose:20170331051718p:plain

初めまして。この度こちらのブログを開設した広瀬雄一と申します。

このブログでは、僕の人生を大きく変えるきっかけとなった語学留学について詳しく説明していきます。

語学留学は英語を勉強する大きなきっかけとなった出来事でした。

カナダのトロントに留学をしてから英語を話すことに夢中になり、現在はスイスの有名大学であるスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)に修士課程の学生として所属しています。

大学院留学までつながる道の第一歩である語学留学が後悔することのないものにするためにも、僕の語学留学の経験をシェアしていきます。

これから語学留学をしたいと思っている人や、英語に興味がある人の参考になれば幸いです。

語学留学から大学院留学までの流れ 

f:id:chiphirose:20170331055244p:plain

2012.03 カナダのトロントに1ヶ月の語学留学
2012.08-09 再びトロントで2ヶ月の語学留学
2013.08 大学院留学を決意
2014.11 TOEFL90点取得
2015.09 EPFLに留学

 2012年にトロントで語学留学を経験してから、英語を話す楽しさに触れ、毎日のように英語の勉強を行なっていきました。

練習を積むにつれて、徐々に話すスピードや話せる内容も増えていき、大学院留学をしたいと考えるようになりました。

TOEFLの点数はそれほど良くありませんでしたが、運よくEPFLに合格することができ2015年から修士課程の学生として留学しています。

本当は始めたから話せたんじゃないの?

よく言われるのが、実は始めから英語を話せたんじゃないのか、という質問ですが、僕はトロントに語学留学をするまでパスポートも持っていませんでしたし、英語を全く話したことがありませんでした。

大学受験で一番苦手な科目は英語でしたし、本当に英語は話せませんでした。

特にショックだったのが、初めての語学留学で一番下のクラスに配属されたことでした。

日本人で初めての語学留学の子でも、中級クラスに配属されていることが多かった中、「東大生なのに、初心者クラスに配属されたバカ」は格好の笑いのマトでした。

クラスメイトとのコミュニケーションでも伝えたいことを伝えられないもどかしさを感じることが多く、始めは英語のコミュニケーション能力でとても苦労しました。

語学留学の辛く・悔しい経験

f:id:chiphirose:20170331055839p:plain

大学受験であれほどたくさん勉強したのに、全く英語を話すことができなかったのはとても悔しい経験でした。

語学留学先で友達ができて、仲良くなれたのに思うように言いたいことが言えなかったり、相手の言っていることがわからないことが多くありました。

悔しいと思う気持ちを感じる一方で、英語の楽しさを同時に感じることもできました。

お互いの母国語は全くわからないけれども英語を通じてコミュニケーションをとることができることの素晴らしさを感じ、英語の魅力にすっかり取り憑かれてしまいました。

初めての海外は不安ばかりで辛いことも多かったですが、その経験が今に繋がっていることを考えると語学留学をして本当に良かったと思っています。

それでも語学留学は楽しい!

語学留学は辛いこともたくさんありますが、楽しいこともたくさんありました。

クラスの後に友達と一緒に遊びに行ったり、ルームメイトと一緒にビールを飲んだりと楽しいイベントがたくさんありました。

たくさんの友達ができたことで、英語を話せるようにしたいモチベーションにもなりましたし、いろいろな国のことを知ることができました。

f:id:chiphirose:20170331060210j:plain

こちらはクラスメートの様子です。様々な国の友達と一緒に英語を勉強し、いろいろな話をしてとても仲が良くなりました。

f:id:chiphirose:20170331060416j:plain週末にはみんなでバーベキューをしたり、観光地へ行ったりと様々なアクティビティを行いました。

語学留学を良いものにするために

せっかくお金をかけて語学留学をするのだから、良い経験をできるための情報をこちらのブログで紹介していきます。

これから語学留学を考えている人の参考になるような情報を少しでも載せられるように努力していきます。

これからよろしくお願いします。